審査

限度額設定に関して

キャッシングサービスを初めて申し込む際には、申請先各社の所定の審査過程をパスしなければならない事は、既に皆さんもご存知の通りです。
そして殆どの場合、初回に借入を希望する金額を申請先金融機関に伝える必要がありますが、時に「ご希望満額には添えませんが○○円までならご融資可能です」といった審査結果が届けられる展開も珍しくありません。
こうした状況に直面した場合、当然頭を過ぎるのは「必要金額に満たない借入をこの会社で施行してしまった場合、不足額を他社で調達出来なくなれば一大事」という不安でしょう。
増してそんな質問を相手に伝えたとしても、その場で責任有る即答が得られるとは限りません。
全て自己責任での即断に迫られる事となってしまうのです。

立場を入れ換えて冷静に考察すれば、何も難しい事はありません。
例えポケットマネーの範疇の小額だったとしても、皆さんがある日突然目の前に現れた見知らぬ人に対し、財布の中の小銭を「あげるのでは無く貸し付ける」行為に及ぶ事が出来るでしょうか。
ましてキャッシングサービスで利益を追求している金融機関であれば尚更、貸付を行う相手を厳しく吟味して当然であり、貸付限度額に関しても「確実に回収可能と判断した金額」を上限に設定して当然です。

仮に今直ぐ調達必要な金額が50万円と仮定して、最初にキャッシングサービスの利用を申請した金融機関が「上限30万円ならお応えします」と審査結果を届けて来た場合、その場で皆さんは『究極の二社択一」を事故責任の上で実践即答せねばならない、それがキャッシングサービスのシビアな一面なのです。
仮にこの場面で融資可能な30万円の確保を選択した場合、不足分の20万円の確保が期限までに叶わなければ「ジ・エンド」となり兼ねないのが、お金が絡む諸事情の冷酷されど避けられない現実なのです。
対して「希望額に満たない」と折角門戸を開けてくれた金融業者に背を向けてしまい、結果必要な資金が一線も調達出来無ければ、それはそれで全て自己采配のミスを背負わざるを得ません。
キャッシングサービスの限度額設定は、ここでお話したごく一部の事例のみならず、豊富な過去の現実を判断資料に、申込者や継続的り両者各々のリアルタイムでの現状を審査の上、極めて冷静沈着に判断設定されているのです。


このページの先頭へ