審査

複合カードのキャッシング枠

キャッシングサービスを利用出来るクレジットカードや各金融機関が発行する自社カードを全て数えるとすれば、一体何種類のカードが市場に流通しているのか想像もつかない程、今日多種多様なキャッシングサービス用のカードが発行されており、おそらく多くの方々が1人最低1枚以上を携帯されている事と思います。
このうち消費者金融系の会社が発行している、自社でキャッシングサービスを受ける時のみ利用可能なカードの場合、契約時に明示された利用限度額イコール、そのカードでお金を引き出す事が出来る上限の金額で問題ありませんが、いわゆるショッピングクレジットとカップリングになっている複合カードの場合、限度額やその時点での利用可能額の判断には十分な注意が必要です。
実際にこの基本的な知識を間違って捉えていたが為に、有事に困ってしまう人が後を絶っていない事実が存在しているのです。

仮に手元のこうした複合カードの限度額設定が「1ヶ月の利用限度額30万円・内キャッシング30万円」と設定されていたとしましょう。
そして当月既にショッピング枠を25万円利用していたとすれば、現時点でキャッシングは最大いくらまで可能でしょうか?

答えは「利用可能額は5万円」となります。
多くの方々が「まだショッピング枠も残高25万円で、キャッシングは一切利用していないから満額使える」と解釈してしまいがちですが、上記の「利用限度額の内」の「内」に重要なポイントが潜んでいるのです。
この解釈を誤ってしまっていると、キャッシングサービスの利用の必要に迫られた場合に大慌てとなってしまい兼ねないのです。

キャッシングサービスに限らず、金銭の借入に際しての規約はどうしても難解なイメージが強く、面倒に感じてしまう気持ちが勝ってしまい、自身の利用状況などが頭に残っていない人が少なくありません。
いざサービスを利用しようとしてみて希望通りの借入が出来ない場面に遭遇して初めて「なぜだろう」と頭を捻るだけで事が済んでいる間は、本当の意味で資金繰りにひっ迫している訳では無いのでまだ大丈夫でしょう。
ですが切羽詰まった状況になってから自身がこの立ち位置となってしまっては大変です。
お手元のキャッシングサービス関連のカードや契約内容に関しては、1度しっかりと再確認しておかれる事をお薦めしておきます。


このページの先頭へ