審査

自転車操業的利用は厳禁

キャッシングサービスの達人を自認する人や、あるいは個人事業の運転資金調達など必要に迫られた経営者が用いる非常に危険な利用法、それが「自転車操業的キャッシングサービスのフル活用」です。
これだけではイメージが湧かない方の為に補足説明しますと、次のような利用状況を指しており、大変シビアな現実ですが「破滅に向かっている」状態だと言えてしまうのです。

例えばA社で25万円をキャッシングしている状況で、返済期限が迫る中、手元に十分な現金が準備出来ていません。
そこでB社で新たに利息分を含む28万円を借り入れ、返済に充当して難を逃れます。
程無く今度はB社の返済期限が迫って来ます。
そこでA社からB社の利息分を含む返済必要額30万円を借り入れ充当します。
これを数回繰り返せば、自ずと2社間だけでお金を回し切れなくなり、更に新たなC社からも借入を起こそうとしても、1人が複数社のキャッシングサービスを利用して調達出来る金額には上限が存在します。
C社の審査結果が「不可」と出れば、その時点でもう手詰まりとなってしまい、手元に残るのはAB2社から借り入れた総額60万円に利息がプラスされた「負債」だけとなってしまうのです。

多くの人達はこの時点に至り、ようやく自身が致命的な状況下に置かれている事を悟るのですが、既に冷静な判断力を失った人、あるいは自身が経営する企業を存続させねばならない義務から、いわゆる闇金と称される違法な金融業者と接点を持ってしまったり、あるいは債務整理に着手する事でブラックリストに載ってしまうなど、いずれにせよデメリットしか残らない展開に違いはありません。
キャッシングサービスに限らず、お金が絡むやりとり事象に関して「自転車操業」と表現される状況となる事は、断じて褒められた状態とは言えません。
とりわけ金利という存在が私達の感覚以上に大きくダルマ式に膨らんで行くのが、このキャッシングサービスという合法的サービスの注意すべき一面なのです。
あくまで緊急時もしくはどうしても手元に現金が無くとも確実に埋め合わす事が出来る裏付けが存在する上で活用すべきであり、返済の為に新たなキャッシングサービスを利用せざるを得なくなった時点で即、専門家に相談するなど自身が置かれた現状と今後予想される展開を、勇気を持って迅速にチェックすべきなのです。


このページの先頭へ